日田げたとは?

昔から日田は杉の産地として知られ、木材関連産業が発展してきました。
なかでも日田の伝統的特産品である日田下駄は、日田が天領だった天保年間(1830〜1844)に
代官が殖産興業の手段として下駄づくりを奨励したことから発展しました。

 当初は桐下駄が生産の中心でしたが、明治・大正の頃には日田盆地に産する杉の良質材や
松などで生産されるようにりました。
 明治40年以降、次第に機械が導入されるようになり、日田下駄は全国に出荷され、質量ともに
静岡、松永(広島県)に並ぶ下駄の三大産地となって隆盛を誇りました。

 その下駄も生活様式の変化による需要が次第に減少してきていますが、
日田では昔ながらの下駄はもとより、現代的な感覚のカラフルな下駄やサンダルなど、
豊富なバリエーションのはきものを生み出し、今も日本有数の「はきものの産地」として
広く知られています。

 伝統の技を受け継ぐ職人の自信と心意気を感じさせる日田下駄のやさしい履き心地は、
健康面でも見直され静かなブームを呼んでいます。

(大分日田下駄組合) http://www.hitakusu.com/jibasan/geta.htm

下駄は、実は”エコ商品”!!
『木を切る』事も、森づくりには必要な事なのです。そして、その木から色々な木工品をつくり、
みなさんの元へ商品として届きます。



**********************************
天領日田下駄は、台は日田杉材を加工、鼻緒も国産で
全て”純国産製”です。
                        
国産品をお求めの方は、類似品にご注意下さい!


7月22日は”下駄の日”
下駄の俳句 - 歌人、田捨女(今の丹波市、江戸時代の女六歌仙の一人)が 
6歳で「雪の朝 二の字二の字の 下駄のあと」と詠んだことから


伝統的なはきものである下駄のよさを見直してもらおうと、全国木製はきもの業組合連合会が制定。
「七寸七分」など、下駄の寸法を表すのに7がよく使われることと、雪道を下駄で歩くと
その跡が「二二」に見えることから、この日を記念日に定めました。


  
***********************************

二重、三重の山々に囲まれた日田盆地は、杉の良材を産出し木工の町として有名です。
大分県特産品である杉の日田下駄は、素材の持ち味を最大限に生かす
神代焼(じんだいやき)仕上げをしてあり、
素足の肌と素材の肌が心地よくフィットします。